Fラン大学生が教員採用試験と就職活動を両立したことについて

Fラン大学生が教員採用試験と就職活動を両立!?4月末に企業からの内定を獲得、大阪府の教員採用試験も突破したFラン大学生の体験談

就職活動の「裏技」公開します。

 

 

 

就職活動をしているあなた。

 

 

または

 

 

教員採用試験・公務員試験と

両立しながら就職活動をしているあなた。

 

 

 

 

 

 

最短で内定がもらえる方法

 

探してませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 驚異の参加者内定率96%!
  • 就活生の登録数 5万人越え!
  • 厳選1000社からベストな企業を紹介!
  • 年間630回以上開催!
  • その場で選考その場で内定!

 

 

 

夢のような合同説明会が

 

そこにはあります。

 

 

 

 

MeetsCompany利用者の声

 

関西大学 男性

関西大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会では色んな企業が参加している合同説明会でした。1社1社説明会に行くよりもすごく効率が 良かったです。また、合説後にリクルーター?の方が就活の相談にのってくれたので、すごく助かりました。不安がなくなりました。

法政大学 女性

法政大学 女性

今まで自分の見てこなかった企業と業界の話ができてよかったです。また、普段あまり接しない企業の社長の方と近い距離でお話をすることができて、 会社の成り立ちや思いなどのお話からより企業理解が深まりました。

明治大学 男性

明治大学 男性

就活を始めたての頃は食品業界に絞っており、食品業界しか見てませんでした。
しかし、MeetsCompanyの合同説明会に参加することで他の業界のお話を伺えて本当に役に立ちました。 今後の就活の視野が広がりました。

日本大学 男性

日本大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会ではいろんな企業が参加していて、自分の知らない企業を知ることができて楽しかったです。 今後、就活の視野が広がりました。

MeetsCompanyより

 

 

就職活動に疲れていませんか?

教員採用試験・公務員試験の勉強に早く集中したくありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに参加すれば

最短で内定をゲットできます。

 

まずはこちら をクリック

 

 

 

 

  

 

 

 

Fラン大学生が合格した大阪府教員採用試験の面接内容を公開します

 

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

今回のテーマは

 

「Fラン大学生が合格した大阪府教員採用試験の面接内容を公開します」

 

についてですね。

 

 

 

 大阪府教員採用試験の面接とは?

 

大阪府教員採用試験の主な内容は

 

1次試験・・・教職・一般教養

2次試験・・・10分間の個人面接

3次試験・・・専門教養・模擬授業(4分半)・面接10分

 

というようになっています。

 

2次試験と3次試験では面接内容に若干違いがあります。

 

2次試験・・・エントリーシートに関する内容・自己PR・場面指導(若干量)

3次試験・・・場面指導・現場での働き方

 

このように、2次試験では主にエントリーシートから質問され、3次試験では実際に働くことを想定した質問が多くされました。

 

この記事では主に「2次試験の面接」で私が実際に質問された内容について解説していきます。

 

 

 

受験番号と自己紹介・自己PR

面室室に入って着席したら、まず初めに受験番号と自己紹介、そして自己PRを1分程度で行うように言われました。私自身、自己紹介と自己PRの対策は行っていましたが、受験番号を聞かれると思っていなかったので、少し動揺したのを覚えています(一応受験番号を答えることはできました笑)。自己紹介や自己PRというものはある程度対策しなければならないことはわかると思いますが、受験番号までしっかり言えるように対策しておくことをオススメします。

 

 

大学での経験・一番力を注いだ体験談

 

次に学生時代に力を注いだ体験談について質問されました。私は部活動の副部長をしていたこともあり、新入生が一人も退部しないよう、全員が活動できるような取り組みをしたことを具体的に話しました。高校の情報科の教員を志望していたこともあったので、高校生と年齢の近い大学1回生の新入部員との深い関わりがあったというエピソードは、面接官のウケも良かったと感じます。

 

 

先生の立場として、どのような指導を心がけるか

 

部活動では先輩後輩という立場での関わりであったため、部活動の話を少し掘り下げた質問として、「先生の立場として、どのような指導を心がけるか」という質問をされました。私は「先生の立場でも、生徒目線に立つことが大切である」という回答をした結果、面接官が「うんうん」とうなづいてくれました。

 

 

対策できない予想外な質問も!?

 

「教員採用試験の面接は準備が9割」言われることも多いですが、時には準備していても戸惑うような質問もされます。私が体験した予想外な質問はこちらです。

 

 

職歴がないのに教員として働けるのか

 

厳しい言い方になってしまいますが、職歴がないですよね?職歴がないのに教員としてどのように働くつもりですか?」

という質問がされました。

 

「・・・え?私新卒なので職歴などあるはずが・・・」

と心の中では思いましたが、もちろん口には出していません。

 

「わからないこともたくさんあると思います。なので上司の指示には従い、わからないことがあれば聞いたり、助けてもらったりと、チームで働くことを心がけます。」

と答えましたが、当時は不満に感じました。

 

もちろんアルバイト経験の話などは面接中にしていたので、面接官がアルバイト経験と職歴を勘違いされたとも考えにくいです。

 

考えられる理由としては、教員採用試験ではエントリーシートを直前に提出するため、面接官が年齢の欄まで目を通していなかったのではないかと思います。私は無事合格できた人間なのでよかったですが、もし不合格だったら不満でいっぱいだったと思います。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は大阪府の教員採用試験の2次試験について解説しました。面接前にしっかり対策していても、本番で緊張してしまうこともあり、なかなか思うように話せないのが当たり前だと思います。そこで私は教員採用試験と就職活動を両立し、就職活動の場で面接を重ねることで面接慣れすることができました。

 

就職活動の場で面接を体験すると同時に、自分が魅力的だと思う企業に出会うことができ、さらにその会社から内定がもらえれば、あなたの将来の可能性は大きく広がります。一石二鳥ですよね。

 

 

参加者内定率96%のMeetsCompany はたった1回の説明会で複数の企業の選考に参加でき、その場で採用がもらえる可能性のある合同説明会です。複数の選考に参加できるということは、複数回面接をその場で体験できる絶好の機会であり、そして魅力的な企業から早期に内定がもらえるかもしれません。

履歴書もたった1枚で複数の企業の選考を受けることができるというメリットがあるので、企業ごとに複数用意する手間を省くことができます。なので「忙しくて就職活動なんてできない」という方も「今すぐにでも内定が欲しい」という方にもおすすめです。MeetsCompany で無料会員登録をし、自分が参加できる場所で合同説明会の予約をしましょう。

 

 

 

 

 

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。

人事の方とお肉を食べながら会話ができるので、学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

情報科教員採用の勉強はITパスポートと情報セキュリティマネジメント

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

今回のテーマは

 

情報科教員採用の勉強はITパスポートと情報セキュリティマネジメント」

 

についてですね。

  

 

 

 

情報科教員の過去問は存在しない?

 

教員採用試験の勉強で欠かせないものといえば過去問ですよね。当サイトでも過去問の重要性はかなり伝えてきたかと思います。

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

しかし、その過去問が販売せれていない教科も存在します。その中の1つが情報科です。私はFラン大学から大阪府情報科教員採用試験に合格することができました。大阪府ではホームページで過去問が公開されていることもあり、その過去問をもとに「過去問分析」を行いました。そして私はあることに気が付きました。

 

情報科の過去問は販売されていないが、資格の勉強で対応できる」

 

 

実際私は過去問分析の後、資格の勉強を行うことで情報科教員採用試験の対策をし、合格という成績を残すことができました。副免許無しで情報科教員採用試験を行っている東京都や広島県もホームページで過去問を見ることができるため、東京都と広島県の過去問も解きましたが、資格の勉強のみで7割は確実に取れるようになりました

 

採用試験対策に有効な資格とは

 

私がオススメする情報科教員採用試験対策に有効な資格は2つあります。

 

 

ITパスポート

 

ITパスポートとは、平成21年4月から新たに情報処理技術者試験に追加された、情報に関する国家試験の一つです。

試験名の中の「IT」とは、Information Technology(インフォメーション・テクノロジー)の略語で、読んだまま日本語では情報技術と訳されます。コンピュータやデータ通信に関する技術を総称する用語です。

一方「パスポート」とは、国がその地域に籍をもつ国民に対して、名前・性別・年齢・住所などの情報を公に証明した書類です。パスポートがないと出国できないのはもちろん、海外旅行中に失くしてしまうと再発行されるまで帰国することができなくなってしまいます。言葉・文化・法律などが異なる他国にいくときには、パスポートは世界共通の身分証明の役割を担います。この「ITパスポート」という試験名称は、旅券のパスポートのように、「国が、合格者に対して、情報化社会に積極的に関わっていける存在であることを証明する」というようなことを意図してつけられたのではないかと思います。

国家試験であるITパスポート試験に出題される問題には、国が合格者に求めるIT知識レベルの指針(どのレベルに達すればパスポートを発行可能か)が随時反映されていくはずですので、まさに国が保証する「情報化社会へのパスポート」と言えるでしょう。

 

ITパスポート試験とは

 

このように、ITパスポートとは国家資格であり、これから積極的に情報社会に関わっていきたいという人たちが受験する資格です。

情報科教員採用試験でよく目にするビットやバイトの計算、さらにマルチメディアの計算などが組み込まれているため、情報科教員採用試験対策には十分な資格であるといえます。

 

 

 

情報セキュリティマネジメント

 

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。〈共通キャリア・スキルフレームワーク(CCSF)レベル2相当〉

  • 1:部門全体の情報セキュリティ意識を高め、組織における情報漏えいのリスクを低減する!
  • 2:万が一トラブルが発生しても、適切な事後対応によって、被害を最小限に食い止める!
  • 3:情報セキュリティを確保することで、より安全で、積極的なIT利活用を実現する!

このような組織作りに欠かせない情報セキュリティマネジメント人材は、業種、職種を問わず、また、営業・企画・製造・総務・人事・経理などの部門を問わず、多くの現場で強く必要とされています。

次のような方に受験をお勧めします!
  • 業務で個人情報を取り扱う全ての方
  • 業務部門・管理部門で情報管理を担当する全ての方
  • 外部委託先に対する情報セキュリティ評価・確認を行う全ての方
  • 情報セキュリティ管理の知識・スキルを身に付けたい全ての方
  • iパス(ITパスポート試験)合格から、さらにステップアップしたい全ての方

 

情報セキュリティマネジメント試験とは|情報セキュリティマネジメント試験

 

 このように情報セキュリティマネジメントとは、機密情報を守り、ITの安全な利活用を推進する、情報管理の要となる存在が、強く求められている中で創設された国家試験です。情報科教員採用試験で頻繁に出題される「情報セキュリティ分野」の対策には、この情報セキュリティマネジメントが効果的です。

 

 

私立高校の採用にも効果的!

 

国家試験であるITパスポートと情報セキュリティマネジメントの両方を取得することで、私立高校の採用にはかなり有利になると思われます。なぜなら私立高校は公立高校の採用試験とは違い、その高校独自の採用方法が存在します。私立高校の採用にエントリーする際に提出する履歴書の欄に、ITパスポートと情報セキュリティマネジメント取得と記入するだけで、ある程度の潰しが効きます。実際私はある通信制私立高校の採用にもエントリーし、資格のことは細かく聞かれた覚えがあります。資格を持っているということだけで、この人がどのくらいの能力があるのかということがわかる目安にもなるため、取得していない人と差をつけることができます。

 

 

オススメの資格勉強法

 

とは言いつつも、面接対策や模擬授業の対策などで時間がとられることはもちろん、社会人で一般企業に勤めている人などは、資格の勉強はなるべく効率よく行うことがセオリーになってきます。

 

 

【資格スクエア】 はオンライン学習サービスで勉強することができます。時間のない学生や社会人の方が国家資格・難関資格取得を目指すときに、通学型の予備校に通うとなるとどうしても生活への負担が大きく、学習を続けることがストレスとなりがちです。
また、従来の通信講座のように、テキストが大量に送られてきて「わからなかったら質問OK」というスタイルではほぼ独学と変わりません。オンライン予備校【資格スクエア】 では、合格に必要なものに絞り、合格への道筋を明確にすることを徹底して行っています。合格に不必要な「大きな校舎」「広告宣伝費」などは大胆にカットし、合格に必要な「テキスト」「問題演習」「講義」「サポート体制」に費用の大部分を投資することにより、価格を抑えつつ、質の高い学習を提供しているため、早期合格を目指す方や、情報科教員採用試験対策として利用する方にかなりおススメです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

情報科教員採用人数はどの自治体でもかなり少なく、合格するのは至難の業になってきています。効率の良い勉強法を培うことで、ライバルとの距離を大きく引き離すことができます。

 

 

【資格スクエア】 YouTubeでの動画も配信しており、コメント欄にて質問ができるサービスも充実しています。勉強法やコツなどを自分のものにすることで、教員採用試験の合格が近づくかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

さらに国家試験であるITパスポートと情報セキュリティマネジメントは、就職活動の場においてもかなりおススメです。

 

情報社会が進んでいる現代、情報スキルは必須といっても過言ではありません。

 

 

 

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。

人事の方とお肉を食べながら会話ができるので、学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

 

教員採用試験に落ちてからでも間に合う就活法!

 

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

今回のテーマは

 

教員採用試験に落ちてからでも間に合う就活法

 

についてですね。

 

 

 

教員採用試験に落ちたあなたへ

 

早い自治体で6月末から始まる教員採用試験。

合格のために寝る間も惜しんで勉強や面接対策をしてきたと思います。

 

しかし、現実は残酷なもので実際に教員採用試験に合格できるのはごく僅かな人数だけです。

ほとんどの人は教員採用試験に合格することができないのです。たとえ頭が良くても面接で落とされてしまったり、模擬授業や実技で落とされてしまうということが多々あります。

 

さらに残酷なのが、年を重ねるにつれて合格率が低くなることです。

それはつまり、どれだけ対策していても、「こういう人材がほしい」という自治体の考えを見破る以外の方法はないということです。さらに何度も落ちている人は、おそらく面接が通らない人だと思います。「あなたのような人格の人はいらない」と自治体から言われ続けているということです。大人になってから人格を変えるなんてとてもできることではないですよね。

 

なのである程度の見切りをつけて、就職活動を始めることをお勧めします。

 

教員採用試験に落ちてからでも間に合う就活術

 

6月下旬から教員採用試験が始まり、10月末ぐらいまでに合格結果が出ます。11月から就職活動を始めても間に合うの?という心配もあると思います。ここで私がオススメする就活法を紹介します。

 

 

 オススメの記事⇩⇩「きつねさんのブログ」

 

MeetsCompanyの評判は?感想と体験談を教えます!

 

 

早期内定Meetscompany

 

 

MeetsCompany とは、DYM株式会社が開催している就活イベントのことです。

 

MeetsCompany という就職活動イベントには、大手企業がたくさん参加しています。中には1部上場企業もあります。1部上場企業や大手企業が参加しているということは、DYM株式会社が社会的に認められていて、信頼されている証拠ですよね。DYM株式会社は営業もしっかりしているので、会社自体がどんどん伸びてきています。

 

 

名前もよくわからない無名で実績もない会社が就活イベントを開催したところで、1部上場企業や大手企業は絶対参加してくれませんよね。参加する企業側も、イベント主催側には参加料を支払っています。同じ参加料を支払って参加できるなら、有名なマイナビリクナビといった就活情報サイトで十分だと思います。

 

 

しかし、マイナビリクナビの就活イベント以外で、DYM株式会社が主催するMeetsCompany というイベントに1部上場企業や大手企業が参加するということは、それだけMeetsCompany に参加する良さを感じているのではないでしょうか。

マイナビリクナビにない魅力が存在するからこそ、DYM株式会社が主催するMeetsCompany は長年成長を遂げているのだと思います。

 

 

 参加するメリットは?

 

DYM株式会社が主催するMeetsCompany に参加するメリットは4つ。

 

 

 

  • 人事と直接話ができる
  • 選考スケジュールが最短
  • 参加者内定率96%
  • 履歴書1枚で複数の企業の選考に参加

 

 

これらが挙げられます。

 

 

 

 

 

人事と直接話ができる

 

 

 

人事の方や社長などに本音を話すことができる環境があります。実はこれってあまり他の就活情報サイトではできないことなんですよね。これがMeetsCompany の最大のメリットなのではないでしょうか。

教員採用試験に落ちてしまった人は、就職活動の進め方で悩むことが多いと思います。そこで企業の人事に相談することも可能であるため、就職活動の流れをつかむために参加するという目的で参加してもいいと思います。

 

 


数多くの就活情報サイトや就活のイベント、マイナビリクナビが主催する説明会だと、実際人事の方に聞きにくい質問ができないことが多いのが事実です。給料はどのくらいもらえますか?休みはありますか?なんて聞けたもんじゃありません。

 

 

しかし MeetsCompany では、マイナスな質問である残業時間や福利厚生、さらには離職率などを聞くことができます。本音を言うと、学生の立場から見て一番重要な残業時間や福利厚生、離職率というものは聞いておいたほうがいいのではなく、絶対に聞かなくてはならないことなんです。 普段では聞くことができない企業の本音と、学生の本音をぶつけ合い、マッチングを図ることができる数少ない就活イベントだと思います。

 

 

 

 

 

 

選考スケジュールが最短

 

 

Meetscompanyの2つ目のメリットは、「選考スケジュールが最短」なところです。上手くいけば「その場で内定」を獲得できる仕組みがMeetsCompany にはあります。

教員採用試験に落ちてしまってから就職活動を始めるという人にとっては、残された短い時間を有効に使うことができるイベントなのです。

 

 

マイナビリクナビが主催する合同説明会というのは、合同説明会のあとに企業の個別説明会に参加するという流れが就職活動の基本的な流れですよね。しかし、DYM株式会社が主催するMeetscompanyではいきなり選考を受けることができるんです。その場で選考が始まるということは、企業が主催する個別説明会に行く必要も、一次選考にも行く必要もないため、内定までの日数がかなり早くなります。

 

 

 

つまり、「早期内定」を獲得し、就職活動に苦しむ状況から抜け出したいという人にはもちろん、教員採用試験と両立している人や、教員採用試験に落ちてしまった人からも人気な合同説明会なんですね。

 

 

 

 

 

 

参加者内定率96%とその理由

 

 

 

MeetsCompany 参加者内定率96%という驚異の数字を叩き出しています。

この合同説明会では、普通の説明会にはない「1度で複数の企業の選考に参加」することができ、「その場で内定がもらえる」可能性のある合同説明会です。

 

 

 

参加者内定率96%という数字を誇る理由は「リラックスした環境」にあります。

 

なかなか就職活動がうまくいかないという人の9割は、面接が上手くいかないことが理由に挙げられます。教員採用試験でも、面接を苦手とする人は多いと思います。しかしここでは、選考に参加する前に、1社につき15分間の座談会がスケジュールに組み込まれています。面接で極度に緊張してしまう人や、うまく話せないという人も、座談会を通して選考に参加することができれば、かなりリラックスして自分をさらけ出すことができるんです。

 

 

 

 

 

履歴書1枚で複数の企業の選考に参加

 

 

 

Meetscompany4つ目のメリットは「手間が省ける」ことです。

 

 

合同説明会当日は

たった1枚の履歴書で複数の企業の選考を受けることができます。つまり、企業ごとに履歴書を用意する手間を省くことができるので、残された短い時間を有効活用できますよね!

どの企業の選考に参加するかは、当日の気分にもよると思います。なので履歴書には志望動機以外の空欄を埋めて当日提出します。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

どうでしたか?

 

 教員採用試験に落ちてしまっても、臨時採用や非常勤講師で頑張るという人もいると思います。しかし実際、臨時採用枠というのも年々減少傾向にあります。さらに教員の人事異動がすべて決まるのは2月末から3月中旬です。もし3月まで待っていても臨時採用の連絡が来なければ、就職浪人になってしまう恐れもあります。MeetsCompany で就職活動を行ない、早期に内定を獲得することで、安心して臨時採用の連絡を待つという手もあります。さらに教職員の場には社会人経験者が少ないという問題から、大阪府のように社会人経験者に加点を行うという自治体も存在します。臨時採用や非常勤講師ではなく、一度民間企業で働くという経験をすることも重要なのかもしれませんね。

 

私はこのMeetsCompany の合同説明会に参加し、教員採用試験と就職活動を両立しながら、4月末までに3社から内定をいただけました。

 

MeetsCompany は年間600回以上開催されているので、教員採用試験に落ちてしまってからでも遅くはありません。

  

 

 

 

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。

人事の方とお肉を食べながら会話ができるので、学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

就職活動の「裏技」公開します。

 

 

 

就職活動をしているあなた。

 

 

または

 

 

教員採用試験・公務員試験と

両立しながら就職活動をしているあなた。

 

 

 

 

 

 

最短で内定がもらえる方法

 

探してませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 驚異の参加者内定率96%!
  • 就活生の登録数 5万人越え!
  • 厳選1000社からベストな企業を紹介!
  • 年間630回以上開催!
  • その場で選考その場で内定!

 

 

 

夢のような合同説明会が

 

そこにはあります。

 

 

 

 

MeetsCompany利用者の声

 

関西大学 男性

関西大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会では色んな企業が参加している合同説明会でした。1社1社説明会に行くよりもすごく効率が 良かったです。また、合説後にリクルーター?の方が就活の相談にのってくれたので、すごく助かりました。不安がなくなりました。

法政大学 女性

法政大学 女性

今まで自分の見てこなかった企業と業界の話ができてよかったです。また、普段あまり接しない企業の社長の方と近い距離でお話をすることができて、 会社の成り立ちや思いなどのお話からより企業理解が深まりました。

明治大学 男性

明治大学 男性

就活を始めたての頃は食品業界に絞っており、食品業界しか見てませんでした。
しかし、MeetsCompanyの合同説明会に参加することで他の業界のお話を伺えて本当に役に立ちました。 今後の就活の視野が広がりました。

日本大学 男性

日本大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会ではいろんな企業が参加していて、自分の知らない企業を知ることができて楽しかったです。 今後、就活の視野が広がりました。

MeetsCompanyより

 

 

就職活動に疲れていませんか?

教員採用試験・公務員試験の勉強に早く集中したくありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに参加すれば

最短で内定をゲットできます。

 

まずはこちら をクリック

 

 

 

 

  

 

 

 

大学入試に「情報科」必須!?「情報科」教員採用が加速

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

 

 

今回のテーマは

 

「大学入試に「情報科」必須!?「情報科」教員採用が加速」

 

についてですね。

  

 

 センター試験の廃止

 

 

大学のセンター入試制度が2020年を最後に、廃止されることが決まりました。これからは大学入学共通テストというものに移行されます。

 

2017年12月4日:最新情報を反映させました】大学入試センター試験が、2020年1月(2019年度)の実施を最後に廃止され、2020年度(21年1月)から新しい共通テスト「大学入学共通テスト」に移行する。文部科学省は国語と数学に記述式問題を導入する方針だ。英語は4年の移行期間を経て共通テストでの実施を取りやめ、24年度からは国が認定した民間試験に一本化する考えだ。各大学の個別試験の改革も求めている。社会に出てから必要とされる力が変わってきたことが改革の背景にあるという。

 

【早わかりQ&A】センター試験廃止へ 2020年度からの新テストは何が変わる?|高校生新聞オンライン|高校生を応援するニュース・情報サイト

 

 

2024年から情報科が入試科目に!?

 

 

 学習指導要領改革で、高校でも基礎的なプログラミングを行う「情報Ⅰ」が必修化されます。そして大学入試にも、「情報科」が組み込まれる可能性が出てきました。

 

安倍首相は17日の未来投資会議(議長・首相)で、プログラミングなどに関する「情報科目」を国語や英語と並ぶ基礎的科目として大学入試に追加する方針を表明した。

 人材不足が指摘される情報技術(IT)分野で優れた人材を育てるのが狙い。政府は大学入試センター試験に代わり2021年に始まる「大学入学共通テスト」で、25年1月から情報科目を導入することを想定している。

 首相は会議で、AI(人工知能)や情報処理に関して、「これからの時代の『読み・書き・そろばん』(にあたる基礎的な技能)だ。文系、理系を問わず理数の学習を促していく」と述べ、林文部科学相に改革案の検討を指示した。

 高校では22年4月から次期学習指導要領が実施され、基礎的なプログラミングを含む「情報I」が必修科目となる。政府は、これを履修した生徒が受験する25年1月の大学入学共通テストから情報科目を追加するスケジュールを描いている。

 

25年大学入試に「情報科目」追加…首相方針 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 

 

 

情報科教員の不足

 

 しかしこういった改革が進められていく中、学校現場では「情報科」を専任教科としてもっている先生がかなり少ないというのが現状です。

 

 

高等学校情報科担当教員への高等学校教諭免許状「情報」保有者の配置の促進について(依頼)

  高等学校の各学科に共通する教科(以下「共通教科」という。)情報科については,社会の急速な情報化の進展や技術革新を踏まえ,一層の充実が求められているところであり,中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会教育課程企画特別部会「論点整理」(平成27年8月26日)では,次期学習指導要領において「情報と情報技術を問題の発見と解決に活用するための科学的な考え方等を育成する共通必履修科目」の設置を検討すること,また,当該共通必履修科目を前提とした発展的な内容を扱う選択科目についても検討することなどが提言されています(参考URL及び別紙参考資料を参照。)。
  そうした中で,文部科学省において,高等学校及び中等教育学校後期課程(以下「高等学校等」という。)共通教科情報科を担当する教員の免許状保有状況を調査したところ,下記Ⅰのとおり,免許外教科担任が全体の約3割となっている等の結果でありました。
都道府県・指定都市教育委員会におかれては,情報教育の重要性に鑑み,下記Ⅱの事項に留意し,高等学校教諭免許状「情報」保有者の採用や計画的配置,現職教員の同免許状取得の促進など,計画的な免許状保有率向上の取組を進め,共通教科情報科担当教員の専門性向上に引き続き努められますようお願いします。

 

高等学校情報科担当教員への高等学校教諭免許状「情報」保有者の配置の促進について(依頼):文部科学省

 

 

 現在、情報科」のみの免許保有者を採用している自治体数は、10もありません。さらに「情報科」+「他教科」の複数免許保有者の採用を実施している自治体も、全国で約半分しかありません。

 

 

情報科」が初めてできたのは今から10~20年前のことであり、その時に「情報科」の免許を持った先生を急速に増やす動きがありました。現場の「他教科」の先生が「30時間程度」の研修を受けただけで、「情報科」を担当することができるというシステムが広まったため、現在学校現場で「情報科」を教えている先生のうち、教職課程経て「情報科」を生徒に教えている先生の割合は「全国で2割程度」しかないんです

 

 

 

 

情報科」教員の採用の加速

 

 

文部科学省は、高等学校教諭免許状「情報」保有者の配置を急いでいます。大学入試制度、学習指導要領が大きく変化し、情報科」が間違いなく「価値」として認められてきています。

 

 

 

これから「情報科」教員の採用は増々加速していき、国語・数学・英語の3教科に新しく「情報」が加わり、「4教科」として成立する日が、刻一刻と迫っているように感じます。

 

 

情報科」の教員免許を取得予定の学生には、これからチャンスがやってきます。

 

 

そして教員を目指さない学生にとっても、

そして「情報科」免許の取得が、これからのあなたの人生を豊かにするでしょう。

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。

人事の方とお肉を食べながら会話ができるので、学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

教員を目指すFラン大学生が3社内定獲得した就活スケジュール

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

今回のテーマは

 

「教員を目指すFラン大学生が3社内定獲得した就活スケジュール」

 

についてですね。

 

 

 

 

 

教員採用試験と就職活動を両立

 

 

私は10月後半から教員採用試験の勉強を開始し、就職活動を本格的に開始したのは3月の就活解禁時でした。

 

 

 

結果、私は7社にエントリーし、4月末までに3社から内定を頂くことができました。

 

詳しくはこちら⇩⇩

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

2月下旬(履歴書対策)

 

正確に言えば、動き始めたのは2月下旬でした。この頃から、就職活動のエントリーシートや履歴書の「学生時代力を注いだこと」「自己PR」の作成に取りかかりました。

 

 

しかし3月の就活解禁まで、私は教員以外の仕事を知らない状態でした。なのでエントリーシートや履歴書に記入する「学生力を注いだこと」「自己PR」というものの大切さすら、私は全く分かっていなかったのです。

 

 

 

 

3月(就活解禁)

 

 

いよいよ3月。就職活動が解禁となり、3月1日のマイナビ主催の合同説明会に参加しました。何も知識がなかった私は、「とにかく知っている企業の説明会に参加しよう」という感覚でこの合同説明会の時間を過ごしました。

 

今思えば、ここが私の一つの誤りだったのかもしれません。

 

 

 

3月中旬(選考開始)

 

合同説明会に参加することで個別に行う企業説明会に参加せずに1次選考を受けることができる企業があったり、個別の企業説明会直後に選考が始まる企業もあったため、早めの選考開始となりました。

 

 

選考が始まる前に、しっかりとしたエントリーシートや履歴書を作成しておくべきだったと後々反省することになります。

 

 

 

 

 

3月下旬(選考3連敗)

 

絶望でした。今まで家で大口を叩いていたこともあり、親にも相談することもできませんでした。「自分は社会不適合者なのか」と落ち込む日々が続き、気が付くと体重も3キロ落ちていました。

「3キロ落ちたから3社落ちた。わっはっは!」と笑ってみても、自分が馬鹿みたいに惨めに感じるだけでした。

 

ここから私は、学校のキャリアセンターに通うようになり、エントリーシートや履歴書の添削を行ってもらうようにしました。

 

 

「よく、こんな履歴書でエントリーできたね」

ときつい言葉を頂きましたが、ここで添削を行ってもらったことが後の内定につながったと思います。

エントリーシートと履歴書がこんなにも大事なんて・・・

 

特に志望動機は、志望の理由が「自分側」にあることが大切のようです。

 詳しくは⇩⇩

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

そして業界を絞ることで、志望動機がテンプレで行けることを知った私は、教員志望ということもあり、教育業界に絞ることを決めました。この考えにたどり着くまでがもっと早ければ、もっと早く内定を獲得できていたかもしれません。

 

 

 

3月下旬~四月上旬(MeetsCompany参加)

 いろいろと窮地に立たされていた私は、「早期内定獲得法」などといったワードをひたすらGoogleで検索していました。そこで見つけたのが「内定者96%!その場で内定も!?」と、いかにも怪しそうなサイトでした。それがMeetsCompany です。

 

MeetsCompany が主催する合同説明会では、いきなり選考を受けることができる「裏技」が存在しました。

この合同説明会では、1社につき15分の座談会をおこなった後、最後に気になった企業の選考をその場で受けることができました。その場で選考が始まるということは、企業が主催する個別説明会に行く必要も、一次選考にも行く必要もなく、かなり手間が省けます。

つまり、「早期内定」を獲得して教員採用試験の勉強に集中したいという私にはとっては最高の合同説明会だったんです。

 

 

さらに

参加者内定率96%のMeetsCompany は1度で複数の企業の選考に参加でき、その場で内定がもらえる合同説明会です。複数の選考に参加できるということは、何回も面接を体験できるチャンスでもあり、教員採用試験の面接対策も行うことができたんです。

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

たった1枚の履歴書で複数の企業の選考を受けることができるというメリットが、なによりも楽でよかったです。

 

 

オススメの記事⇩⇩「きつねさんのブログ」

MeetsCompanyの評判は?感想と体験談を教えます!

 

 

4月下旬(内定3社獲得)

 

そして4月の3週目に、初めて電話で内定連絡をもらいました。心臓がバクバクして、うれしくて震えていたのを今でも覚えています。

 

そして4月30日に、現在働いている企業から内定を頂くことができました。

 

私はこのMeetsCompany の合同説明会に参加したからこそ、教員採用試験と就職活動を両立しながら、4月末までに3社から内定をいただけたのではないかと思っています。

 

 

 

 まとめ

どうでしたか?

私の就職活動は、Google検索で出てきたMeetscompanyによって救われたと思います。

 

教員採用試験と就職活動を両立する方は、登録することをオススメします。

 

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。

人事の方とお肉を食べながら会話ができるので、学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

教員を目指すFラン大学生にオススメの早期内定Meetscompany

 

 

  ←クリックで応援よろしくお願いします

 

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

こんにちは。

 

Fラン大学出身の「まむにょ」です。

 

 

 

まずはこちらへ

 

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

今回のテーマ

 

f:id:giants26tomoki:20180517165339j:plain

 

 

 

今回のテーマは

 

 

「教員を目指すFラン大学生にオススメの早期内定Meetscompany」

 

 

についてですね。

 

 

 オススメの記事⇩⇩「きつねさんのブログ」

 

MeetsCompanyの評判は?感想と体験談を教えます!

 

 

Meetscompanyとは

 

f:id:giants26tomoki:20180517165522j:plain

  

Meetscompanyとは、DYM株式会社が開催している就活イベントのことです。DYM株式会社とはいったい何をしている会社なのでしょうか。

 

 

 

 設立年月日  2003年8月22日
 URL  こちら
 資本金  5000万
 本社  東京都品川区西五反田 2-28-5 第2オークラビル 3F
 事業所  札幌、名古屋、大阪、福岡
 事業内容  web,人材、医療など
 経営理念  「世界で一番社会を変える会社を創る」

 

 

 

 思っていた以上に大きな会社のようですね。

本社が東京にあり、事業所も全国に展開しているようです。

 

 

Meetscompanyという就活イベントには、1部上場企業や大手企業もたくさん参加しています。1部上場企業や大手企業が参加しているということは、DYM株式会社が社会的に認められていて、信頼されている証拠ですよね。DYM株式会社は営業もしっかりしているので、会社自体がどんどん伸びてきています。

 

 

名前もよくわからない無名で実績もない会社が就活イベントを開催したところで、1部上場企業や大手企業は絶対参加してくれませんよね。参加する企業側も、イベント主催側には参加料を支払っています。同じ参加料を支払って参加できるなら、有名なマイナビリクナビといった就活情報サイトで十分だと思います。

 

 

しかし、マイナビリクナビの就活イベント以外で、DYM株式会社が主催するMeets companyというイベントに1部上場企業や大手企業が参加するということは、それだけMeetscompanyに参加する良さを感じているのではないでしょうか。

マイナビリクナビにない魅力が存在するからこそ、DYM株式会社が主催するMeetscompanyは長年成長を遂げているのだと思います。

 

 

 参加する4つのメリット

f:id:giants26tomoki:20180517165714p:plain

DYM株式会社が主催するMeetscompanyに参加するメリットは4つ。

 

 

 

  • 人事と直接話ができる
  • 選考スケジュールが最短
  • 参加者内定率96%
  • 履歴書1枚で複数の企業の選考に参加

 

 

これらが挙げられます。

 

 

 

 

 

人事と直接話ができる

 

f:id:giants26tomoki:20180517170005j:plain

 

人事の方や社長などに本音を話すことができる環境があります。実はこれってあまり他の就活情報サイトではできないことなんですよねこれがMeetscompanyの最大のメリットなのではないでしょうか。

 

 


数多くの就活情報サイトや就活のイベント、マイナビリクナビが主催する説明会だと、人事の方に聞きにくい質問ができないことが多いですよね。給料はどのくらいもらえますか?休みはありますか?なんて聞けたもんじゃありません。

 

 

しかし Meetscompanyでは、マイナスな質問である残業時間や福利厚生、さらには離職率などを聞くことができちゃうんです。本音を言うと、学生の立場から見て一番重要な残業時間や福利厚生、離職率というものは聞いておいたほうがいいのではなく、絶対に聞かなくてはならないことなんです。 普段では聞くことができない企業の本音と、学生の本音をぶつけ合い、マッチングを図ることができる数少ない就活イベントだと思います。

 

 

 

 

 

 

選考スケジュールが最短

 

Meetscompanyの2つ目のメリットは、「選考スケジュールが最短」なところです。上手くいけば「その場で内定」を獲得できる仕組みがMeetscompanyにはあります。

 

 

マイナビリクナビが主催する合同説明会というのは、合同説明会のあとに企業の個別説明会に参加するという流れが就職活動の基本的な流れですよね。しかし、DYM株式会社が主催するMeetscompanyではいきなり選考を受けることができるんです。その場で選考が始まるということは、企業が主催する個別説明会に行く必要も、一次選考にも行く必要もないため、内定までの日数がかなり早くなります。

 

 

 

つまり、「早期内定」を獲得し、就職活動に苦しむ状況から抜け出したいという学生にはとっても人気な合同説明会なんですね。

 

 

 

 

 

 

参加者内定率96%とその理由

 

 

Meetscompanyは参加者内定率96%という驚異の数字を叩き出しています。

この合同説明会では、普通の説明会にはない「1度で複数の企業の選考に参加」することができ、「その場で内定がもらえる」可能性のある合同説明会です。

 

 

 

参加者内定率96%という数字を誇る理由は「リラックスした環境」にあります。

 

なかなか就職活動がうまくいかないという人の9割は、面接が上手くいかないことが理由に挙げられます。選考に参加する前に、1社につき15分間の座談会がスケジュールに組み込まれています。面接で極度に緊張してしまう学生や、うまく話せないという学生も、座談会を通して選考に参加することができれば、かなりリラックスして自分をさらけ出すことができるんです。

 

 

 

 

 

履歴書1枚で複数の企業の選考に参加

 

 

Meetscompany4つ目のメリットは「手間が省ける」ことです。

 

 

合同説明会当日は

たった1枚の履歴書で複数の企業の選考を受けることができます。これって企業ごとに履歴書を用意する手間を省くことができるので、非常に良いメリットですよね!

どの企業の選考に参加するかは、当日の自分の気分にもよると思います。なので履歴書には志望動機以外の空欄を埋めて当日提出します。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

どうでしたか?

 

 

「忙しくて就職活動なんてできない」という方も「今すぐにでも内定が欲しい」という方にもおすすめです。MeetsCompany で無料会員登録をし、自分が参加できる場所で合同説明会の予約をしましょう。

 

私はこのMeetsCompany の合同説明会に参加したからこそ、教員採用試験と就職活動を両立しながら、4月末までに3社から内定をいただけたのではないかと思っています。

  

 

 

  

  

 就職活動をするあなたへ 

 

 

 就職支援サイトはたくさんあったほうがいい!?

見逃している企業があるかもしれない!急がないと!

 

ニクリーチ

インターンシップで早期内定獲得に最適です。人事の方とお肉を食べながら会話ができるので学生にはありがたいサービスですね!

 

 

 

 

キミスカ なら

企業側からスカウト機能がありその場で内定も!?いままで知らなかった魅力的な企業に出会うことができ、自分の知らなかった能力に気が付くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 教員採用試験の対策はこちら

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆教職教養の過去問 ’19年度 / 時事通信出版局
価格:2052円(税込、送料別) (2018/5/1時点)


 

 

 教員採用試験において過去問は命ですわからない問題があってもまずは1周早く回すことに意味があります。

 

 


 

 私はFラン大学出身でしたが、教員採用試験と就職活動を両立しました。

このらくらくマスター ひとつで大阪府が主催する教員チャレンジテストで高得点を叩き出すことができました。

 

 勉強法はこちら

 

daigakuseinotame.hatenablog.com

 

 

 

 

 教員採用試験と就職活動両立するなら5月までに内定は確保しよう!その場で内定がもらえる合同説明会ならMeetsCompany

 

 

 

 

 ←クリック

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしこの記事があなたにとって少しでもお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。